ガチで得する格安スマホ

大容量・通信容量無制限

スマホで使われてるLTE回線は通信の混雑を防ぐために、一定以上の通信を行うと速度が極端に制限されてしまいます。 特に格安スマホの場合、料金が安いため利用できるデータ量が少なく設定されており、すぐに上限に達してしまいがちです。

しかし、格安スマホの中にも大手キャリアよりも多くのデータ通信が可能な事業者がいくつか存在します。 料金的には多少割高にはなりますが、それでも大手キャリアと比べると、かなり安く利用できるため、料金以上の価値は有るでしょう。

データ容量無制限!おすすめランキング

格安スマホ事業者の中にはデータ容量無制限で利用できる画期的な事業者があります。
大容量のデータ通信を行う場合、大手キャリアスマホだと月額数万円も支払う必要がありますが、格安スマホの場合、数千円程度で無制限の通信を行う事が出来ます。

1位 So-net モバイル
月額料金: 4,980円 (音声通話、端末分割代込み)
データ容量: 無制限
データ通信速度: 150Mbps

公式ページ: So-net モバイル スマホセット4980

So-net モバイルについて


格安スマホでは異例のハイエンドスマホに無制限のデータ容量が加わり、スマホで頻繁にインターネットをする人にはぴったりのプランです。 また、無料で使える高機能セキュリティソフトで低額かつ高いセキュリティ効果を得られる点もSo-netの大きな特徴です。

So-netは格安スマホでは珍しい高額キャッシュバックキャンペーンも実施しており、高い人気を集めている事業者と言えるでしょう。


2位 U mobile
月額料金: 3,380〜5055円 (音声通話、端末分割代込み)
データ容量: 無制限
データ通信速度: 150Mbps

公式ページ: U-mobile: ユーモバイル


U mobileでは複数の端末を提供しているため豊富な選択肢が用意されています。端末代は他の事業者同様2年間の分割なので選ぶ端末によって最初の2年間の月額料金が変わってきます。
また、無制限のデータ容量が必要無い場合でも、3GBや5GBとと言ったデータ容量から選択が可能で、さらに安く利用する事も可能です。


3位 b-mobile
月額料金: 3,980円 (音声通話、端末分割代込み)
データ容量: 無制限
データ通信速度: 150Mbps

公式ページ: b-mobile: ビーモバイル



扱っているスマホはミドルエンドクラスで、そこまで高スペックではありませんが、パソコンメーカーとして有名なVAIOが販売しているVAIOフォンとのセット購入が可能です。
また、スマホでも03番号が使える「03 SUMAHO」などユニークなサービスが使える事でもお勧めな事業者です。