ガチで得する格安スマホ

ナンバーポータビリティ

スマホの通信事業者を変更する際、利用している電話番号が引き継げるかどうか気になるところです。 格安スマホにしても、もちろん番号引き継ぎる制度であるナンバーポータビリティが可能です。

このページでは格安スマホでナンバーポータビリティを行う際の流れと注意点について紹介します。

ナンバーポータビリティの方法

ナンバーポータビリティを行うには以下の2つが必要となります。

・各キャリアのMNP予約番号
・事務手数料 2,100円

まず、現在利用している通信会社に連絡を行うMNP予約番号を取得します。 通信会社への連絡は電話またはWEBから行うことができます。

電話WEB
Docomo 151(ドコモ携帯から)
または0120-800-000(一般電話などから)
【午前9時〜午後8時】
iモード
【受付時間/24時間】
[i-menu]→[料金&お申し込み・設定]
または
My docomo→ログイン→ドコモオンライン手続き
au 0077-75470 【午前9時〜午後8時】 EZweb
【受付時間/9:00〜21:30】
[TOP]→[auお客さまサポート]→[申し込む/変更する]→[携帯電話番号ポータビリティー(MNP)]
au *5533(ソフトバンク携帯から)
または0800-100-5533 (一般電話などから)
【午前9時〜午後8時】
Yahoo!ケータイ
【受付時間/9:00〜21:30】
[TOP]→[設定・申込(My Softbank)]→[各種変更手続き]→[MNP予約関連手続き]

また、ナンバーポータビリティを行うためには2,100円の事務手数料がかかります。 この手数料は今まで使っていた通信事業者から後日請求されます。

ナンバーポータビリティの注意点

ナンバーポータビリティを行う際、ユーザー側は今まで利用していた事業者で取得した予約番号を新しい事業者へ伝えるだけで、 特に難しい手続きは必要ありません。

しかし、事業者側では事業者間で電話番号を移行させるための作業が行われるため、 手続きに2〜3日ほどかかってしまう場合があります。

そのため、ナンバーポータビリティを行うとしばらくの間、電話番号が使えなくなってしまいます。 これは格安スマホをインターネット上で申し込んでも、量販店などで申し込んでも同じことが言えます。

それでは、利用できない間のお友達や家族との連絡はどうすればいいのでしょうか?

一番の解決方法が無料通話アプリ(メッセージアプリ)などを利用する方法です。
一定期間電話番号が使えないということは契約事態が止まっている状態なので、 今までの事業者で利用していた古いスマホでもLTEや3Gを介してのインターネット接続は行えません。

しかし、無料通話アプリを利用すれば契約無し古いスマホでもWi-Fi経由でインターネットに接続し、 友人と連絡を取り合うことができます。
同じアプリ同士なら無料で通話が可能で、有料サービスを利用することで一般電話に発信することも可能です。 その他、パソコンなどにインストールして利用することもできます。

LINE
無料通話有り
有料通話有り
発進時番号表示可(docomo以外)
Wi-Fi接続
対応OSiOS(iPhone), Android, Windows, Mac OS
おそらく日本で最も多く利用されている無料通話アプリです。 利用者が多いので無料で通話できる人も増え、より通信費の節約につなげる事ができます。
一般電話へ発信する際、自分の携帯電話の番号を表示させることができますが、発信相手がdocomoの回線を利用している場合表示されません。

Skype
無料通話有り
有料通話有り
発進時番号表示可(国番号付き)
Wi-Fi接続
対応OSiOS(iPhone), Android, Windows, Mac OS
世界中にユーザーがいるおなじみのアプリです。日本国内だけではなく、海外に友人がいる方にとって特にお勧めです。
一般電話に発信する際、自分の電話番号が国番号付きで表示されます。 (090〜⇒81-90〜)
格安スマホの基礎へ戻る