ガチで得する格安スマホ

格安スマホは2台持ちよりもお得?

スマホの月額料金を下げる裏ワザとして有名なのが、端末を2台所有する方法です。 モバイルWi-Fiを利用したり、従来の携帯電話であるガラケーとスマホの2台持ちなど、いろいろ方法はあるが、 格安スマホのみを利用するのとどちらがお得なのでしょうか?

実は今までであれば、端末2台持ちでかなり月額料金を下げることができたのですが、 docomoが2014年6月から新料金を発表したことにより、大きく変わりました。

日本経済新聞に「2台持ちなら月1万円以上の削減も 」といった記事が載っていますが、 各キャリアが料金プランを変更してしまったため、この記事で書かれているように安くはなりません。
日本経済新聞「2台持ち」なら月1万円以上の削減も

上記の記事内で唯一現在でも使える方法が、記事2ページ目の 「MNPでガラケーを購入 元のスマホは格安SIMやWi-Fiで」です。 2台持ちで安くはなっていますが、格安SIMやWi-Fiを使った方法なので、結局は格安スマホとなります。

格安スマホで端末同時購入して契約した場合、月々3,000円程度です。 端末の分割代金無しだと、月々1800円ほどで利用することができます。
このページでは携帯大手3社(docomo、au、Softbank)のスマホの契約を残したまま、現在でも端末の2台持ちで安く出来るのか検証してみました。

モバイルWi-Fiルーターとスマホの2台持ち

スマホのデータ通信プランを解約し、基本料金のみのプランにします。 インターネット接続についてはモバイルWi-Fiルーターを契約し、Wi-Fi経由でインターネットを行います。
モバイルWi-Fiルーターは各社で料金のバラつきはあるものの、ほとんどの事業者で月額3,800円前後で提供しています。

このようにモバイルWi-Fiにしてもスマホの基本料金と合わせて月額6,500円かかってしまい、結局は今までのスマホと支払う料金は変わりません。
ただ、これまでのスマホであれば、一か月のデータ容量2GBで6,500円となりますが、 モバイルWi-Fiの契約を行うと、5〜7GBまで利用することができます。利用できるデータ容量を考えれば安くはなってますね。
しかし、格安スマホと比べると2〜3倍の料金を払う必要があります。


ガラケーとスマホの2台持ち

次は、従来の携帯電話であるガラケーで通話を行い、インターネット通信はスマホで行う方法です。 ガラケーの場合、一番安いプランにして、なおかつ各種割引をつけると月額1,000円ほどで利用できるようになります。

ちなみに、ガラケーは本当に通話専用で、メールすら出来ません。
ご覧の通り、2台持ちにしたとしても、6,434円なので、ほとんど料金は変わりません。
しかも、モバイルWi-Fiルーターの時のように、利用できるデータ容量が増える訳でもないので、全く安くなっていないと言っていいでしょう。


モバイルWi-Fiルーター(格安SIM)とスマホの2台持ち

モバイルWi-Fiルーターを使う方法の一部ですが、ルーターとSIMカードを別々に用意する方法があります。 格安のSIMだけなら月々900円ほどで高速通信が可能です。
格安SIMを使っているので半分格安スマホの力を借りているような物ですが、 一応大手3社のスマホの契約を残した形なのでご紹介します。

ご覧のように、通話についてはこれまで通り大手3社の契約のまま利用し、ネット通信だけ格安SIM+モバイルWi-Fiルーターの組み合わせで行います。 月額料金は3,600円となり、この方法であれば、かなり通信費を節約することができました。


モバイルWi-Fiルーター(格安SIM)の欠点

この方法の欠点として、モバイルWi-Fiルーターの端末を自分で用意しなければなりません。
モバイルWi-Fiルーターの端末は、通常の回線(月額3,800円程度)の契約をすれば、キャンペーンなどでタダ同然で手に入れることができるのですが、 格安SIMを使う場合は別途購入が必要です。
LTE回線など通信速度が速い端末を用意した場合、端末購入費として30,000円程度の初期費用がかかってしまいます。

モバイルWi-Fiルーター端末を持っている場合でも注意が必要

「以前にモバイルWi-Fiルーターを契約していた」、「友人から譲り受けた」など、 すでに端末をお持ちの方もいると思います。

しかし、契約前に注意が必要です。例えば端末がLTEに対応していない場合、いくら格安SIMで高速回線を契約したとしても使えません。 利用できるのは低速の3G回線となってしまいます。

また、SIMと端末を別々に用意することになるので、動作保障がきちんとされない場合があります。 たとえば、「SIMを端末に挿しても認識しない」、「インターネットにきちんと接続できない」などトラブルが起きた際、 状況によってはサポートが受けられない可能性も出てきます。
契約する前に、お持ちの端末が回線事業者側できちんとサポートをしてくれるのかどうか確認する必要があります。

格安スマホの基礎へ戻る