ガチで得する格安スマホ

つながりやすさ、エリアは大丈夫?

格安スマホを使うということは今までの使っていた大手キャリア3社(docomo、au、Softbank)のスマホから乗り換えることになります。 この大手3社は1990年代、携帯電話が一般化される前から長い時間をかけて基地局を増設し提供エリアを広げてきました。

それでは、大手3社以外が提供している格安スマホで本当にきちんとつながるのでしょうか? 実は格安スマホに乗り換えてもつながりやすさは大手キャリアと全く変わりありません。

格安スマホはdocomo回線

携帯電話事業を行うには各事業者が総務省に申請を出し、特定の電波を使うための認可を得る必要があります。 しかし、電波には限りがあるため、すべての事業者が総務省から認可を得ることはできません。

そこで、認可を得た事業者は別の事業者に電波と設備を貸し出さなければいけない決まりが存在します。 このように総務省から認可を受けずに、すでに認可を得た事業者から設備を借りてサービスを提供している事業者のことをMVNOと呼びます。

日本ではdocomo、au、Softbankなど大手キャリアが総務省から認可を受けています。 そこで、ほとんどの格安スマホではdocomoの回線を借り、MVNOとしてサービスを提供しています。 そのため、格安スマホの提供エリアはdocomoと全く同じなのです。

提供エリアだけではなく、つながりやすさや回線速度などもすべてdocomoと同じ品質で利用することが可能です。

docomo回線は提供エリアNo1

最近SoftbankのCMで「SoftbankはつながりやすさNo1」として宣伝され非常に話題になりました。 そのため、「docomoは大したことが無い」、「つながりにくい」と思っている方も多いでしょう。

しかし、このSoftbankの「つながりやすさNo1」は疑惑が多く、本当にNo1なのか疑われているのも事実です。 どのような環境で検証したのかがきちんと公開されておらず、しかも別の第3者組織が検証したところによるとSoftbankが最下位だったという結果も存在します。

実際にこの「つながりやすさ」と言うのは検証する場所はもちろん、検証する時間帯などによっても各社で大きく異なってしまいます。 そのため、実際のつながりやすさを検証するのは非常に難しいと言えます。

そこで、つながりやすさとは違い信頼性が高い指標が「人口カバー率」です。 人口カバー率とは日本の市町村役場がある地域で、どのくらいの人がサービスを利用できるかを示した割合です。
総務省によってその基準が厳しく定義されているため、提供エリアを示す指標として非常に信頼性が高いのが特徴です。

docomoは日本で唯一人口カバー率100%と言われています。 そのため、もしかしたら本当の意味での「つながりやすさNo1」はdocomoかもしれませんね。
格安スマホはこの高品質なdocomo回線を低価格で利用することが可能です。


格安スマホの基礎へ戻る